迂回 優椎というライターがI Love Youを意訳したら。

どうも、迂回 優椎です。

この前、健康診断の結果を人事の人から渡されたので見てみたら、尿たんぱくがまさかの3+というとんでもない数値を目にしてしまった。
小学生の時から尿検査を受けているけど、結果が良かった試しがない。にしてもこの数値を目にするのは初めてで、若干自分に引いている。
看護師の母親にLINEで相談したら「小学生の時から再検査ばっかりだったからね。もしかしたらストレス感じると尿たんぱくが出ちゃう体質なのかも。体を労わるように」と真面目な返事が返ってきた。
お母さん、私、今、超ストレス溜まってるよ。
今年の目標:腎臓を少しだけ大切にする。

 

f:id:ukai-uc:20180201193533j:image

 

さてさて今回の記事タイトルは、“迂回 優椎というライターがI Love Youを意訳したら。”というもの。

夏目漱石は「I Love You」を「月が綺麗ですね」と訳した。
二葉亭四迷は「I Love You」を「死んでもいいわ」と訳した。
この二つのエピソードはとても有名だ。文学が好きじゃない人も、国語や現代文の授業で聞いたことがあるだろう。

今でこそ「I Love You」は「愛している」とまあ簡単に訳されるが、昔はそんなあっさり簡単に訳すことができなかったわけだ。
しかし、この時代の文豪たちは「I Love You」という言葉を、文学的に、綺麗に訳していると思う。

私も一応プロの物書きだ。I Love Youを意訳する高尚な遊びぐらい、する。

私がもし「I Love You」を「愛している」以外で訳すとしたら、どんなものになるだろう。
今回は5つのパターンを考えてみたので、お付き合い願いたい。

 

◆迂回 優椎が考えるI Love Youの意訳:あなたの悲しみ、半分私に下さい。

ベタ中のベタだが、人を愛するということはその人の悲しみを受け入れることだと思う。
悲しみは個人的な目線で見ると、時に欠点となってしまうことが多い。
でもこれは心の軸が“自分”という一人のものになっているから欠点に化けてしまうのであって、心の軸が“2人軸”になったら悲しみが欠点に変わること、殆どない。
むしろお互いの悲しみを受け入れることが、愛をはぐくむ大きなスパイスになると思う。

「二人で喜べば2倍に、二人で悲しめば2分の1に」

どこかの誰かがこんな言葉を言っていた。
甘くてドキドキしてしまうような愛情表現もI Love Youの一つかもしれないが、悲しみを分け合っていくのもI Love Youと言えるだろう。

 

◆迂回 優椎が考えるI Love Youの意訳:あなたのことを支えさせて下さい。それ以上のものは何も望みません。

何の見返りも求めず、好きな彼のことを思いやってサポートするのが愛だという人もいる。
確かに愛だ、これも愛だ。
しかし、無償や無条件といった言葉は“相手からの愛情表現”を目の当たりにして初めて成り立つもの。
一定期間、相手から分かりやすい愛情表現を受けることで「この人のこと、支えたい。もうそれ以外のものは何も望まない」と思うわけだ。
男女の差だと言われればそれまで。ただ、その差は折り合いをつけて埋めることができる。
ここから築かれた信頼関係が発展すれば、黙って愛する人の隣にいてさり気なく手を差し伸べるーーーこのような愛の形が生まれるようになる。

 

◆迂回 優椎が考えるI Love Youの意訳:朝ごはんはパン派ですか?それともご飯派ですか?

疑問形にしていくスタイル。
愛する人と食べる朝ごはんの時間は、1日のエネルギーを補充する至福の時だ。
自分はパン派なのに愛する人がご飯派だったら、何だか空気も距離も微妙な感じになってしまうもの。
それを予防するためにも「パン派?ご飯派?あ、ご飯派なの?私と一緒だね。気が合う~!」という会話をして、愛を確かめ合うのも良いだろう。
同じ朝ごはんのメニューを食べれば、エネルギーマシマシ。
それに、わざわざ別メニューで朝ごはんを準備するのも面倒くさい。
どうしても折り合いがつけられないならゴパンでも買え。それが一番だ。

 

◆迂回 優椎が考えるI Love Youの意訳:あなたの鎖骨に日本酒を注いで飲みますね。

アブノーマルなプレイの中には、心から愛する人とじゃないとできないものがあったりする。
アブノーマルなプレイを要求できるくらいの信頼関係が築けているということ。それは誰にも邪魔することのできない愛が芽生えているということだろう。
私が一番アブノーマルでディープな変態なプレイと考えるもの。
それが鎖骨に日本酒を注いで飲むという“鎖骨酒”だ。
わかめ酒よりストレートじゃない分、むっつり感があるから余計にアブノーマル臭を感じる。(あくまでも個人の主観)
はぁ…岡田将生の鎖骨に獺祭を注ぎたい…綾野剛の鎖骨に八海山を注ぎたい…。

 

◆迂回 優椎が考えるI Love Youの意訳:あなたのパンツ、おろしたい。

裸の付き合いは愛をはぐくむのにもってこいですし。
相手の大事な部分を隠している布さえも邪魔になるような燃え上がる愛、最高じゃん?

 

5パターン、私の中で考えてみた。
シメ方が前の記事と似ているぞ…とかいう奴、口を縫い付けてやるからな!

 

ukai-uc.hatenablog.jp

 自分なりの「I Love Youo」を考えてみるの、とても楽しいから時間があるときにやってみると良いよ。
因みにこの手の記事で面白いなと思うのは、オモコロさんの「文豪たちのアイラブユー【月が綺麗ですね他】」というもの。
大学時代、この記事を友達と一緒に読んでゲラゲラ笑った記憶がある。
皆さんも良かったら読んでみて。

 

それでは。

 

業務依頼・恋愛相談はukai-uc@outlook.jpまで

twitter.com